先日Oracleの試験「1Z0-144-JPN」に受けて、見事に撃沈してきました。

使い方
スポンサーリンク

どうも、キャンです。

先日Oracleの試験「1Z0-144-JPN」に受けて、見事に撃沈してきました。

受かっていませんが、自分が行った勉強方法を伝えたいと思います。

自分の経歴
・社会人:12年目
・資格:OracleSilverFellow
・PL/SQLについて、職場のシステムでは使っていない(COBOLでちょっと使っているぐらい(カーソル程度))

勉強に使った資材
①Silver Oracle PL/SQL Developer【PL/SQLプログラミング】編(試験番号1Z0-147J/PL/SQLプログラミング) (オラクルマスター教科書)

②プロとしてのOracle PL/SQL入門

③無償Oracle Database

1.①の黒本を、通勤・昼休み等で読む。
2.自宅では②を読みながら実際にコマンドプロンプト上で、SQLを打って確認していく。
※実際にコマンド打つには、無償Oracle Databaseが必要です。
また、②の記載されているサンプルのSQLはネットで取得可能です。
3.①②を2周程度したところで、①に付属しているCD-Rで、模擬試験を受ける。
4.3.で不正解だったところ、確認していく。
という流れ、3回程度行ったところで、試験を受けました。

アマゾン(①の黒本)のコメントで、試験「1Z0-144-JPN」もカバーしていると記載されています。
実際に試験を受けた感想ですが、①の黒本だけでは受かることはかなり難しいと思います。

1.模擬試験と、試験のレベルが違いすぎる。
試験ではSQL読んで回答する問題がけっこうありますが、SQLの行数も模擬試験の数倍以上です。
時間のない中、SQLを素早く読んで、回答するには、PL/SQLを日々仕事の中でやっている人でないと無理では?と感じました。

2.①は古いので、知らない用語・技術をカバーしきれない。
参考書が①の黒本しかないので仕方ない事ですが、実際の試験ではまぁまぁ出会いました。

自分が思っている以上に試験の問題は難しく、参考書もないので、今までやってきた勉強方法が限界です。
次に受けることはないでしょう。(受験代高いし。)

最後に「けっこう」「まぁまぁ」とか抽象的な言葉を使って申し訳ありません。
試験問題を持ち帰ることもできない・試験を受けてから時間が経っているので、記憶が曖昧です。
試験代はけっして安くありません。世に出回っている情報も少ないです。
(「受験に受かる人がいない」→「受験者が少ない」→「参考書」が出ないって勝手に思っています。)

受験を考えている方は、本当にこの資格が必要でしょうか。
必要であれば、私が行った勉強方法以外で頑張ってください。

以上。参考になれば、幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました