持株(従業員持株)のデメリット痛感

投資
スポンサーリンク

私は会社の持株会に属していて、現在100株を保有しています。

過去に300株を売却済みなのですが、最近の会社の研修(インサイダー取引)で色々面倒であることが分かりました。

1.売却できる期間は決まっている。
※持株会から証券会社に株を移動している場合は、証券会社に注文するため、売却できない期間でも売却出来てしまうため、注意が必要。多分、過去に300株を売却をしたときは、売却してよい期間だったはず。。。

2.売却する場合は、事前に会社に株式売買申請書を提出し、許可が必要。
過去に300株を売却した時は提出していません!(大丈夫かな。。。)

売却するのに制約が多いのは、デメリットでしかないですよね。

日本株式市場自体が調子が良いので、調子が良い時に売却しようと思っても期間が決まっているし、事前の許可も必要だし。
そうしている間に、売ろうとした時より、株価が下がっていたら、嫌ですね。

まぁ、300株を売った時より、今の株価の方が高いですけどね(笑)

メリットと言えば、報奨金が掛け金の15%出ることぐらいですかね。(毎月1000円を掛け金の場合は、会社が150円をプラスして出してくれる。)

リーマンショック後、報奨金を10%に下げたので、今後も15%維持するのかも疑問だし、10%よりも下がるかも。

要は、メリット<デメリットと私は感じてます。

持株会自体退会はしていませんが、私の掛け金は月1000円の為、100株を売却後は、会社の株価を気にしなくて済みます。

持株会から証券会社に移動できる単位が100株単位です。毎月の1000円では100株になるのは、約20年後ですわ(笑)

持株会自体退会した方が良いのかーと、この記事を書いて思いました(笑)

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました