日経・ダウが荒れる中、保有銘柄をほんの少し売却しました泣

投資
スポンサーリンク

日経・ダウともに荒れていますね。

ダウなんて、「サーキットブレーカー」が発動して、最終的2013ドル安の23,851ドル (-7.79%)です。

株をやっていることを知っている友人から「株だいぶやばいみたいだが、大丈夫か?」LINEが来ました。
普段株をしていない人にもヤバさが伝わりだしましたね。

保有銘柄もだいぶ被害を受けております。

自分の心境としては。
1.このまま日経・ダウが下がり続けるのではないか。

 

2.保有銘柄もつられて下がり続けるのではないか。

 

3.少し保有銘柄を売却するか。

 

4.いやいや、コロナの影響がどこまでかわからないが、わからないから売らないほうが良いのでは。

 

5.きっと、今が底だ。

 

6.でも、まだ下がりそうだ。

 

7.やっぱり少し保有銘柄を売るか。

 

と言うことで、少し保有銘柄を売ることにしました。(ビビりです(笑))

1.保有銘柄でPERが少し高い「4428:シノプス」「6095:メドピア」。
2.前回の決算を受けて、そろそろ売る時期かと思っていた(含み益だし)「6197:ソラスト」。

銘柄 数量 取得単価 売却単価 売却損益
シノプス 11 3,691 1,730 -21,571
売却利益 -21,571
配当 0
購入・売却手数料 520
トータル -22,091
銘柄 数量 取得単価 売却単価 売却損益
メドピア 27 1,429 1,160 -7,263
売却利益 -7,263
配当 0
購入・売却手数料 581
トータル -7,844
銘柄 数量 取得単価 売却単価 売却損益
ソラスト 200 728 990 52,400
ソラスト 39 728 946 8,502
売却利益 52,400
配当 7,004
購入・売却手数料 0
トータル 59,404

ソラストには、2017年05月から購入していて、過去の手数料を遡ることが出来なかったので、0としてます。

売却するといった選択が正解かはわかりませんが、じっとしていれないのです。

一応、4月には定期購入月なので、少額ではありますが買い足しする予定です。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました