ダブルスタンダード(3925)の2121年3月期の第一四半期の決算発表→結果売りました。

投資
スポンサーリンク

どうも、キャンです。

保有銘柄のダブルスタンダード(3925)の2021年3月期の第一四半期の決算発表がありました。

内容は可も不可もないと言ったところでしょうか。

売上は前年比+21.0%のプラスですが、営業利益は△28.5%のマイナスです。

マイナスの理由は、「売上拡大のための増員および外注費の増加により減益」と事。

売上拡大に投資することはもちろんのことですが、せめて営業利益は前年同期比±0ぐらいまで頑張ってほしかったですね。

「当初計画から下期偏重となる想定のため、1Qはほぼ計画とおりの進捗」とありますが、下期偏重となる想定であるなら、過去の四半期ごとの売上高・営業利益のグラフをもとに根拠を示して欲しかった。

マネックスより、過去の実績を拝見。

決算期 区分 売上高 (前年比) 営業利益 (前年比)
2015/12 3Q 285 -% 81 -%
2016/03 213 -% 30 -%
2016/06 1Q 310 -% 133 -%
2016/09 2Q 281 -% 101 -%
2016/12 3Q 374 31.20% 80 -1.20%
2017/03 399 87.30% 92 206.70%
2017/06 1Q 473 52.60% 143 7.50%
2017/09 2Q 531 89.00% 168 66.30%
2017/12 3Q 501 34.00% 141 76.30%
2018/03 492 23.30% 99 7.60%
2018/06 1Q 706 49.30% 255 78.30%
2018/09 2Q 596 12.20% 201 19.60%
2018/12 3Q 893 78.20% 328 132.60%
2019/03 617 25.40% 82 -17.20%
2019/06 1Q 736 4.20% 257 0.80%
2019/09 2Q 799 34.10% 235 16.90%
2019/12 3Q 1,045 17.00% 327 -0.30%
2020/03 1,087 76.20% 282 243.90%
2020/06 1Q 891 21.10% 184 -28.40%

確かに下期に営業利益が伸びています。しかし、伸びているのは3Qで本決算時は伸びていませんね。

営業利益が△28.5%のマイナスと言うのがインパクトがありました。
また、増員しているので、1Qだけでは無くこれから固定で発生する費用のため、営業利益が2Q以降改善されるか懸念点が出てきました。

売上は伸びているので売るか迷いました。とりあえず、8/14の状況を見てから決めることに。

前場引けは前日から5790円から4985円の△805円の大暴落。市場の評価は期待外れと言うことですね。

と言うことで、大暴落していますが、まだ含み益があるので、1株の残して売りました。

【結果】

銘柄 数量 取得単価 売却単価 売却損益
ダブルスタンダード 27 4,879 4,960 2,187
売却利益 2,187
配当 479
購入・売却手数料 1,471
トータル 1,195

もっと株価が下がったら買い戻すかもしれませんし、2Qが良かったら買い戻すかもしれません。全部売ってしまうと、ダブルスタンダードの存在を忘れてしまうので、1株だけ残しました。(未練がましい)

資金が出来たので、他の銘柄に振り分けたいと思います。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました