株価がXX倍達成というのはあまり意味がないかな。

投資
スポンサーリンク

どうも、キャンです。

youtubeで、XX倍になったと自慢する動画を目にすることがあります。

日本株チャンネル【坂本彰】で、2016年に購入したアイアールジャパンHD(6035)が30倍になったと言う動画を上げています。

株価30倍達成 36万が1084万円になった

私もアイアールジャパンHD(6035)を保有しているので、30倍って凄いなぁと思いました。

ふと30倍って凄いけど含み益とした場合、自分とどこまで差があるのかと疑問に思い、計算してみました。

取得単価 株価 X倍 含み益(100株)
坂本氏 361 12,020 33 1,165,900
わたし 1,708 12,020 7 1,031,200
26 134,700

取得単価について5倍の開きがありますが、含み益については13万円程度と、30倍の坂本氏と、7倍の私では、そこまで含み益に差が無いなと言うのが、率直の感想ですね。

まぁ、坂本氏は1,000株保有しているので、トータルの含み益としてはだいぶ差がありますが。

株価が何倍になったというよりは、含み益がやっぱり重要だなと気付きました。保有銘柄で他の人がXX倍になったと言う自慢には気にせずになりそうです。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました