AZUREの入門資格のAZ-900: Microsoft Azure Fundamentalsを勉強方法・教材について

使い方
スポンサーリンク

どうも、キャンです。

先日、マイクロソフトのAZUREの入門資格のAZ-900: Microsoft Azure Fundamentalsを受験し、合格致しました。

合格と言っても、1回は688/700で不合格で、2回目で880/700で合格です。

そこで、私が使った教材等を載せたいと思います。

 

<<私の簡単なプロフィール>


・仕事はシステムエンジニア

・AZUREは未経験(仕事では一切使ったことがありません)

・AWSのソリューションアーキテクト アソシエイト取得(2020年03月)

 

<<使った教材>>

No 教材名 お勧め度 内容・感想
1 Microsoft Certified: Azure Fundamentals – Learn 5 マクロソフトが提供しているe-ランニングです。
クラウド サービスの基礎知識と、それらのサービスが Microsoft Azure でどのように提供されるかについての知識を学べます。これ使ってAZUREの全体像を掴む必要があるので、必須と言っていいでしょう。
2 これだけで合格!AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals模擬試験問題集(7回分430問) 5 模擬試験問題が430問とボリューム満点です。解説が不正解についても説明されているので、なぜ不正解なのか知り、理解を深めることが出来ました。ただ、問題文や解説に誤植があるのがマイナス点。私からも2,3個指摘しました(笑)
3 【世界で5万人が受講】AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals オリジナル模擬試験 2 模擬試験問題が150問と②の約1/3となります。解説は正解についてのみ。記載内容についても詳細には書かれておらず、もうちょっと詳細の説明が欲しいなぁと感じました。あとマイクロソフトのAZUREのリンクが貼ってあります。クリックすると新しいタブで開かれないので注意が必要です。

間違ってクリックして、前のページに戻ると、クリックした問題からではなく最初問題からになります。

4 AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals 模擬問題集 2 模擬試験問題が80問と②の約1/5となります。

③の作成者とおなじになりますので、感想も同じになります。

5 AZ-900 – Microsoft Azure Fundamentals Practice Tests 2021 5 模擬試験問題が332問と②の約4/5。解説も詳細に書かれており、理解を深めることが出来ました。

試験とほぼ同じ問題が少し出たと思います。私が1回目に受験した際には使用していませんでしたが、1回目の時にこれを受講していたら、きっと合格していたと思ったぐらい良くできた問題内容だと思います。ただ、これは英語となります。なので私はブラウザをchromeで、拡張機能「Google翻訳」を使って和訳しました。和訳後の文面もそこまで違和感が無かったかと。

※No1は無料。No2~5については、オンラインで学習が出来る「udemy」の教材となり、有料となります。ただ、私が勤めている会社が、法人契約をしており、「udemy」の教材を無料で受講できました。

ちなみに有料時の価格は下記。

教材 価格 タイムセール時
(8/15時点)
2 2,400 1,270
3 3,600 1,270
4 3,600 1,270
5 3,600 1,270

 

<<これから取得する方への勉強方法>>


1.No1.Microsoft Certified: Azure Fundamentals – Learnを一通り読む。

2.No2.これだけで合格!AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals模擬試験問題集(7回分430問)を1周する。

3.不明点、苦手箇所がなんとなく把握できたと思うので、No1.Microsoft Certified: Azure Fundamentals – Learnで不明点、苦手箇所の読む。

4.No2.これだけで合格!AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals模擬試験問題集(7回分430問)を1周する(2週目)。

5.No5.AZ-900 – Microsoft Azure Fundamentals Practice Tests 2021を最低2周する。

 

<<その他>>


他の方が書いているブログを見ると、1週間で合格したなど簡単な試験に感じてしまいますが、正直範囲が広くて覚える内容が多いです。AWSのクラウドプラクティショナー方が簡単だったと思います。私はトータルで60時間は使ったかと思います。まぁ他の人より覚えが悪く、勉強効率が悪かっただけかと思いますが。

 

ちなみに、受験した後に知ったのですが、AZ-900は無料で受験出来るようです。無料で受験敵るようになるには、Microsoft Virtual Trainingを受ける必要があります。詳細は下記を参照ください。

 

AZ-900を無料で受験するまでの3つのステップと注意点
Azure基礎資格である、AZ-900の受験までのステップとつまづきやすい手続き上の注意点を解説します。無償バウチャーの利用方法や、会社メールアドレスで申し込みできるのかなどについて、自身の体験をもとに解決方法を紹介いたします。

 

<<あと受験をする際に、私が戸惑った内容について>>


1.身分証明書は、運転免許証と保険証でOK

2.認定プロファイルの名前はローマ字でOK

以上です。参考になれば、幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました