XCOPYでフォルダをコピーするコマンドについて

使い方
スポンサーリンク

どうも、キャンです。

本日EXCEL2019を自分のパソコンにインストールしました。
これからパソコン内でEXCELファイルを作成、更新していくので、定期的にバックアップしたいと思い、今回フォルダコピーを「XCOPY」コマンドで作成してみましたので、備忘を込めてここに残したいと思います。

【コマンド】
Xcopy /E /Y /I コピー元フォルダ コピー先フォルダ

XCOPYのオプションの説明
・/E:ファイルが存在しなくてもディレクトリごとコピーする。
・/Y:同名のファイルが存在する場合、上書きの確認を行わない。
・/I: コピー先のディレクトリが存在しない場合は新規にディレクトリを作成する。
コピー先にフォルダは存在しなくてよいが、コピー先のパスには指定しないと作成されない。

 

【例】
「K:EXCEL」を「F:バックアップ_USBメモリEXCEL」にコピーする。

コピー先の「F:バックアップ_USBメモリ」は空です。

コマンド
Xcopy /E /Y /I K:EXCEL F:バックアップ_USBメモリEXCEL

コマンド実行後、「EXCEL」フォルダにあるファイルがコピーされました。

他にもオプションがあるので、興味がある方は調べてみてくださいね。

参考になれば、幸いです。
それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました