AWSの「クラウドプラクティショナー」模擬試験の受け方

使い方
スポンサーリンク

最近、AWSの勉強をはじめまして、「クラウドプラクティショナー」の取得を目指しております。

ある程度、勉強したので、本日模擬試験を受けました。

模擬試験を受けるまで、色々苦戦したので、ここに残しておきたいと思います。

AWS 認定試験に備える

1.AWS認定基礎レベルから「模擬試験を受ける」をクリック。
2.「aws.training で登録」をクリック。

 

3.「アカウントに移動」をクリック。

 

4.「ピアソン VUE 試験の管理」をクリック。

 

5.試験の申し込みから「CLF_P01」の「ピアソン VUE 試験によるスケジュール」をクリック。

 

6.言語を日本語にチェックして「次へ」をクリック。

 

7.試験の詳細で、模擬試験を受ける対象が間違っていないか確認後、「次へ」をクリック。

 

8.氏名など確認後、「次へ」クリック。

 

9.ポリシーを確認して、「同意します」をクリック。

 

10.支払情報と請求情報を入力して、「次へ」をクリック。

 

11.色々確認して「予約内容の確定」をクリック。

 

12.予約が出来ました。すぐに試験を受ける場合は、「試験開始」をクリック。

 

13.これで無事に模擬試験にたどり着けました。

 

14.試験を受けた後、ピアソンの画面のスコアレポートの表示から「表示」をクリック。

 

15.結果を確認します。

 

模擬試験の難易度はそこまで難しくなかったです。(75点ですが(笑))

結果については、試験後、10分も経たない内に見れたと思います。ピアソンから「Score Report Available Notification」のメールが来ると結果で出て、見れる状態になっているかと思います。

 

参考になれば、幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました