持株(従業員持株)をすぐに売却できず・・・・涙

投資
スポンサーリンク

持株のデメリット痛感しました。

会社の2月の決算を受けて、株価が下がったため、周りからは決算が評価されていないと判断し、持株を売却を決めました。

しかし、すぐに売ることが出来ず、会社に持株(みずほ証券に移送済み)を売ることの承認受ける必要があり、2月下旬に申請書を提出しました。

すぐに申請書の承認結果が下りず、その間にコロナショックがアメリカまでに広がり、日経・ダウが大幅に下がりだしました。

持株もつられて株価は下がる一方。

しかし、売りたくも売れない状況。

やっと承認が下りた時には、売却を決めた時の株価と大幅に乖離しておりました。

【私の心境】
売ろうと思っていた時より、株価下がっているから、売るのやめようなぁ。


でも、これ以上下がったら、やだなーー。


でも、下げ止まるかもしれないしなーー。


そもそも、この状態で保有しててもストレスになるだけだ。
今売却しても、利益は出てる。売ろ。

 

 

ということで、先日持株を売りました。

やはり、持株は売りたいときに売れないのがデメリットですね。

もう売れるだけの持ち株は保有していないので、売りたいときに売れないという苦痛な状況から解放されました。

でも、少しの間は会社の株価は気になるんだろうなぁ。

上がってたら、「売るタイミング悪かった!!!」

下がってたら、「売るタイミング間違ってなかったかな!」

なんてね。でも、それより気にしないといけないのが、今後の日本経済ですね。
どうなるのやら。トランプみたく日本も給与税をゼロにします又は、消費税をゼロ%にするみたいな大胆な政策を出して欲しいのものです。

まぁ無理か( ゚Д゚)

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました