Pythonエンジニア認定試験の勉強方法、PRIME STUDYの模擬試験は不要!!

レビュー
スポンサーリンク

どうも、キャンです。

Pythonエンジニア認定試験をオデッセイ テスティングセンター有楽町で受けて、合格しました。

そこで、私が行った勉強方法をここに載せたいと思います。

【教材】

1.Python チュートリアル :無料

Python チュートリアル — Python 3.8.5 ドキュメント

2.現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル(udemy):1,350円(セール時)

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門!応用では、データ解析、データーベース、ネットワーク、暗号化、並列化、テスト、インフラ自動化、キューイングシステム、非同期処理など盛り沢山の内容です!

3.DIVE INTO EXAM:無料

DIVE INTO EXAM | Python、Rubyの認定試験模擬テスト
DIVE INTO EXAMは、認定試験合格をサポートする模擬テストを提供するサイトです。本番の認定試験と同じ形式(配点・制限時間・難易度)で、模擬受験することで最も効率の良い学習をサポートします。Python3エンジニア認定基礎試験、Rails4技術者認定試験、Ruby2.1技術者認定試験の模擬テストを提供いたします...
【勉強方法】

まず、Python チュートリアルを読み進めます。

※スマホだとサンプルコードが読みにくいので、パソコンをお勧めします。

Python チュートリアルに記載されている日本語は読みにくく、頭に入っていかないので、すべて読み切る前に、udemyのオンライン学習を始めました。

udemyの現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル(以降、オンライン学習)のボリュームが凄く、28.5時間の動画が収録されていますが、Pythonエンジニア認定試験の合格を目指すのであれば、すべてを観る必要はありません。(私は3割程度しか消化しませんでした。(笑))

udemyのipadにインストール、オンライン学習の動画をダウンロードして、通勤の合間、昼休憩(10分程度)に観ました。

オンライン学習では、pythonを動かくためのインストール手順も含まれているので、帰宅した後は実際にコードを打って確認したりしました。

※オンライン学習で使用しているソフト「PyCharm」は非常に重いので、スペックが低いと動作が遅いので注意してください。

ある程度知識がついた後で、DIVE INTO EXAMの模擬試験を受けました。

1回目から合格点には届きませんでしたが、繰り返し模擬試験を受け自分が苦手な個所を把握していきました。合計8回模擬試験を受けました。

 

本番の試験は模擬試験と同じ内容が出ることはないので、Python チュートリアルを見て、知識を深めていきました。

【本番の試験を受けて】

pythonの模擬試験でもう一つ無料で受けられるサイトがあります。

PRIME STUDY(プライム・スタディ)
「Python 3 エンジニア認定試験」と「PHP 技術者認定試験」の模擬試験サイト

模擬試験は沢山受けた方が良いと思い、受けましたが難易度が高く自信を無くすので、止めた方が良いです(笑)。ここで合格点を取らなくても、Pythonエンジニア認定試験は合格できます。

DIVE INTO EXAMの模擬試験を繰り返し実施、Python チュートリアルを繰り返し読み返していけば、合格できると思います。

あと、参考にさせて頂いたサイトを載せておきます。

Python3エンジニア認定基礎試験の効率的な勉強方法!
最近非常に忙しくてPython関係の記事を書くことができていませんでした。今回は、いよいよPython3エンジニア認定基礎試験の勉強方法を書いてみます。とりあえず、初日に合格しましたPython3エンジニア認定基礎試験(以下、Python試

このサイトを見れば、どこの箇所を重点に勉強すればよいのかを知れたので、助かりました。

参考になれば、幸いです。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました